【治療院整体院WEB経営実践セミナー  Vol.004 集客の前にブランディングをしよう】

整体院・治療院経営セミナー

近年、企業の信頼を失う不祥事が相次いでいますよね。不適正会計、排ガス不正事件、廃棄食品の横流し・・・。療術業界でも、整骨院の悪質な不正保険請求など、一時の利益のために消費者や取引先を故意に騙すような行為が報道されています。整体院を営むものとしては「真面目で誠実、親切」をモットーに日々の業務に取り組んでいきたいと思います。


さて、今回お伝えする内容は「集客をする前に、ブランディングをしよう!」です。 

♦「何を伝えるか!」が「ブランディング」の第一歩

治療家の方と集客の話しをしていると、ホームページはどうなのか?ブログは?チラシは?YouTubeは?SNSは?SEO対策はどうしてますか?など、ツールやテクニックの話ばかりされてくる方が多いです。
もちろん情報発信するツールも、発信した情報を見てもらうSEO対策なども必要です。しかしその前に、「何を伝えるか!」をよく考えてから始めることが大切です。

では、なぜ「何を伝えるか!」を明確にしておく必要があるかと言うと、自分の想いがより明確に地域の方々に伝わることで、その想いに共感して頂ける方がお客様として集まるようになります。自分の得意分野で理想とする方がお客様であることは、良い仕事をしていける可能性が高まります。

例えば、整体技術の高さ、先生の想い、仕事に対するストーリーに感動して、思わず身近な人に勧めてみる。広くその感動を伝えるためにブログやSNSに投稿してみる。こうした人から人へ伝播するコミュニケーションから、繁盛院は生まれていくのです。

今は一昔前のように、新患を多く獲得できる時代ではなくなってきているので、一度ご来院してくれた方にファンになって頂き、長いお付き合いが出来る関係を築けるかが継続経営をしていくための鍵になります。そのためには、自分たちの想いを発信し共感して頂ける方を集客することが大切になります。

♦では、「ブランディング」をしなかったらどうなるか?

1つ目は、治療院・整体院・リラクゼーションサロンが溢れかえり、情報洪水になっている今の環境で、自分たちの思いやコンセプト、独自性を前面に伝えられないと、他院との差別化が出来ず自分たちが思うような集客ができません。

2つ目は、独自性のある魅力ある集客できるホームページを作れないと、結果的に目立たせるためにリスティング広告などの費用が掛かることになります。

3つ目は、自分の軸を持っていないと仕事で取り組む方向性が曖昧になり、全てが中途半端になってしまいます。結果、物事が先に進まず成果も出せなくなります。

51dddc6069b239b8f2bdd4375cf42b9f_m.jpg

ブランディングは自院の方向性を決める為に必要不可欠です。

競争が激しい療術業界において、自院のブランディングをし自分たちの想いを示すことは、たくさんの方に来院していただくためにも、優秀な人材を獲得・定着されるためにも大切なことで、未来への成長の大きな推進力になります。

小さなことからでも良いので、「自分が経営する(働く)治療院・整体院は、何のために存在しているのか」「社会にどんな価値を提供しているのか」「何を目指しているのか」、「他とどう違うのか」を今一度考え、自分らしさを伝えられるように取り組んでみて下さい。


*このたび整体院・治療院経営をされている方を対象に、この十数年実践してきた経営ノウハウを公開することになりました。ご興味をお持ちいただけましたら下記のバナーからアクセスして無料e-book「競争激化の療術業界で生き抜くための経営術」をダウンロードしてください。

DLbanar.JPG