【採用情報】整体院で働くには資格が必要か

ボディケアトレーナー採用

就職活動中のみなさん。こんにちは。
株式会社トップランナー採用グループの野島です。

就職活動で会社を探すときの基準は
・自分のやりたい仕事
・福利厚生の内容
・会社の雰囲気
・成長できる環境かどうか
など、人それぞれ様々だと思います。
その中で、自分のやりたい仕事でフォーカスしたときに、「この仕事をしたいけど資格が必要なんじゃ。。」「やりたいけど資格を持ってないから無理か。。」と諦めた経験のある方もいるのではないでしょうか?
当社のような整体事業を展開している会社は、特にそのように思われがちで、興味はあるけれど話を聞く前に自分には無理だと諦めてしまう方が多くいます。実際に私自身も初めはそうでした。

そこで今回は、整体の仕事には資格が必要なのか、整体に関する知識がない状態でも入社できるのか、ということについて紹介します。

【整体の仕事に資格は必要か】

 整体の仕事には資格は必要ありません!
「そうだったの!」なんて声も聞こえてきそうですね。
まず、整体という仕事が大きいくくりでどのような部類に属するのか。という話からしようと思います。
大きく分けると、資格には「国家資格」と「民間資格」の2つにわけることができます。
整体は、リラクゼーションサロンやスポーツジムといった民間資格で運営している部類に入ります。
接骨院や医療関係、介護福祉といった仕事は国家資格が必要になります。

みなさんが、資格がないと働くことができないと思ってしまうのは、国家資格を持っていないと働くことができない接骨院と、民間資格で働くことができる整体との違いがわからないからではないでしょうか。
以上のことから、整体の仕事は資格がなくても働くことができます。

しかし、「整体に関する知識や技術がないけど大丈夫なの?」と考えると思います。
当社には、内定の段階から入社後の研修制度がありますので、整体の知識や技術を身につける環境が整っています。
私も、内定が出る前までは全く整体の知識がありませんでした。
中学生のころから健康業界で働くことが夢だったので、内定者の段階から研修以外にも整体や解剖額などの勉強に取り組み、入社と同時に整体施術現場に立っています。
私は入社2年目になりますが、今では私が勤務する整体院東葉コンディショニング東京院では1番多く整体施術を行っています。

健康業界、整体の仕事に興味はあるけれど、資格がない知識や技術がないからと諦めるのではなく、そこで働けるように行動していきましょう!
当社も随時エントリーを受け付けております。興味のある方は、ぜひ話を聞きにいらして下さい。

採用バナー.png