家族のためのボディケアセラピー「ゆらはんど」講座開催報告

家庭内ボディケア

2018年10月17日(水)

東葉コンディショニング八千代院にて、新たなゆらピストさんの誕生です。

本日の受講者さんは2名。お二人とも小学生と幼稚園児のママです。

お子さんの姿勢が気になる、ご主人にもゆらはんどを教えてご家族揃って皆でケアし合いたい、また、受講者のお一人は、参加しているPTAバレーボールに、ストレスコントロールもゆらはんどメソッドも、どちらも役に立ちそう!と、意欲を持っての参加でした。

スタートは例によってストレスコントロールからです。説明のために、O-リングテストを実施したところ、力の入り具合の違いを実感。お子さんへの声かけの仕方一つで、家族全員の気持ちが良くも悪くもなることを認識し、それぞれ、場面に応じた「定型文」を作る事を考えていました。

その後、ゆらはんど定番の「両手に人をぶら下げて歩く」を体験していただきました。
両手に人がぶら下がれば、当然、重さのために立っているのもままなりません。ところが、ゆらはんどメソッドにある姿勢法を試してみると、アラ不思議!!立位どころか、重さをものともせず、余裕で歩けるではありませんか!!

これにはお二人とも本当にビックリ!

姿勢一つでバランスが大きく変わるため、お子さんが習っているスポーツ(サッカーや空手などの場合、片足になった時などでも軸足が安定するため、身体がブレないなど)にも大いに役立つことをお伝えしました。

全身バランスの重要性を認識したところで、いよいよゆらはんどメソッド開始です。

メソッドの練習では、先輩ゆらピストさんが2名参加されました。
初めてのゆらゆら施術に戸惑う受講生のお二人に対し、先輩二人は「忘れちゃって上手く出来ない……」などと言いながらも、手法はとても滑らかで、安定していました。

けれども、お互いペアを変え、何度も練習を重ねるうちに、受講生さん達もみるみる上達していきます。

DSC_1150.JPG

練習をしながらも個々の状態に合わせた狙いどころや施術の仕方など、皆さんからたくさんの質問を頂き、とても充実した講座となりました。

終了時間を迎える頃には、成長したゆらピストさんが4名、賑やかに談笑し、名残り惜しい解散となりました。

家族のためのぬくもりボディセラピー「ゆらはんど」にご興味をお持ちになった方は、こちらをご覧ください。

header_img.jpg